記事内に広告が含まれています。

技術士試験 二次試験 過去問一覧の例(機械部門/機械設計)

この記事は約5分で読めます。

過去問題リスト

技術者2次試験 機械部門(機械設計)過去問題テーマ一覧

必須Ⅰ問題テーマ キーワード
R1擦り合わせから組み合わせへの転換モノ→コト
持続可能な社会実現のための機械機器・装置のモノづくり持続可能性
R2今後のモノづくりの技術伝承伝承
徹底した省エネルギー社会の実現に向けて(「業務・家庭・運輸・産業」から2つ選んで…)エネルギー
R3DXの推進をどのように加速化させるか。DX
故障・破壊により社会や環境に広範な影響を及ぼすような製品設計。環境
R4火星環境で使用するための実現可能調査〈特殊〉
生産・設備機械を監視監督する保全技術者が3現主義のメリットを生かすテレワークDX
R5エネルギーの入手、輸送、備蓄、転換、利用の検討エネルギー
事故発生直後から稼働再開にまでの対応BCP
選択Ⅱ-1  
29VEの定義と3つの実施手順を具体的に説明せよ。VE
リスクアセスメントについて、3ステップメソッドの手順を具体的に説明せよ。リスクアセスメント
熱可塑性樹脂を活用する際の重要な効果3つと設計時の留意点を述べよ。材料 樹脂
設計検証と設計の妥当性の定義と実施方法を述べよ。V&V
30標準化の推進を行う際の阻害要因とその解決策を述べよ。標準化
FMEAとFTAについて、特徴の違いを述べよ。また、設計の際の留意点を述べよ。不具合分析
転がり軸受の寿命に影響を与える要因を2つ挙げ、設計の際の留意点を述べよ。機械要素 軸受
アルミニウム合金を製品に活用する際の軽量以外の特徴を挙げ、効果と留意点を述べよ。材料 Al
R1品質工学(タグチメソッド)とパラメータ設計の説明品質工学
JISのサイズ公差と幾何公差についての違いについて説明公差
フェイルセーフの具体例と考え方と留意点安全
設計審査、設計検証、設計妥当性確認のちがいについて説明DRとV&V
R2AMの方式を2つ挙げ、特徴と留意点について説明AM
標準数の特徴と利点について説明標準数
溶接構造物及び溶接継手を設計する際の留意点溶接
DfEについて 設計における3Rの内容と具体的取り組み事例と留意点を説明3R
R3非破壊試験法を2つ挙げ、原理、特徴及び適用ケースについて述べよ。試験法
滑り軸受の特徴と留意点を転がり軸受と比較して述べよ。機械要素 軸受
金属表面処理を2つ挙げ、原理と特徴と製品例を述べよ。(電気、化学、真空、溶射、陽極酸化被膜)金属表面処理
熱可塑性樹脂を3つ挙げ、特徴と用途例について述べよ。(ABS,PA,PC…など)材料 樹脂
R4加工方法を3つ挙げ、工作機械名とその加工方法の特徴を説明せよ。加工方法
SN線図について説明し、繰り返し荷重や変動荷重を受ける機械構造物の疲労設計について述べよ。SN線図
シール構造を3つ挙げ、特徴と留意点を述べよ。機械要素 シール
VE5原則のうち3つ挙げ、その意味とVEを進める手順を説明せよ。VE
R5塑性加工の特徴と注意点加工方法
ねじ締結理論ねじ締結理論
各変位計の原理、用途、使用上の注意変位計
DRBFMの実施について。FMEAと比較しながら実施時に考慮すべき事項を3つ挙げるDRBFM
選択Ⅱ-2 
29開発期間を半減させるための設計手法(3つ)設計手法
製品の軽量化のための材料選定(2つ)軽量化
30異種材料の接合、接着、締結などで組み合わせた構造設計について具体的な製品例とともに述べよ。異種材料
PDMシステムの活用について具体的な製品例とともに述べよ。PDM
R12種以上の機械要素が組み込まれた製品の開発機械要素
設計審査を通じた製品開発マネジメント設計審査
R2コンカレントエンジニアリングの実施設計手法
製品のマルチマテリアル設計活用マルチマテリアル
R3構造解析等シュミレーションによる機械構造物の最適設計シュミレーション
熱温度変化を伴う製品設計熱温度変化
R4シュミレーションを活用した設計において、複合領域の設計について説明せよ。シュミレーション
製品機能のロバスト性評価を取り入れた製品開発品質工学
R5多目的最適設計多目的最適
不具合要因の原因究明不具合解析
選択Ⅲ 
29サステナビリティ(環境/社会/経済)の各観点から、機械開発設計の方針を述べよ。 
研究、開発や設計、製造の技術を伝承するための仕組みや方法について述べよ 
30環境に優しく安全性に優れる製品ロードマップと技術ロードマップの作成。
⑴ロードマップ(5年毎15年分)作成 ⑵以降は同様
 
3D環境について、新たな設計技術の導入と適用について、対象となる製品例とともに述べよ。 
R1介護機器の開発・設計・普及について具体的な例とともに述べよ。介護
国際標準化について具体的な例とともに述べよ。国際標準化
R2Maasの向上のための機械製品を挙げ、MaaSについて述べよ。Maas
CAEのできる設計技術者の育成CAE 育成
R3デジタル技術を活用した自動化設備の開発DX
新しく開発する製品の一部を外製する場合について外製
R4サービスへ適応した製品の設計モノ→コト
ゼロエミッションを実現するための製品設計環境
R5環境負荷の低いサプライチェーンへの切り替え環境
現場知識や「カイゼン」のデジタルツイン活用DX

今年の問題を予想することは困難だけど、

こうして並べてみると大きなトレンドと重要視されているポイントが掴めますね。

ダウンロード用PDF

技術士試験全体を確認する

試験の全体像を確認するにはこちらから
過去問の一覧と解答例が用意された通信講座もあります。通信講座を探すならこちらへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
技術士試験
もののほんをフォローする
もののほん

コメント