記事内に広告が含まれています。

技術士試験 論文例「Ⅱ-1PLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)」

この記事は約2分で読めます。

問題

H27 Ⅱー1

PLMについて説明し,機械設計の立場から構想段階,設計段階,生産から保守までのそれぞれの段階でPLMを活用する場合の留意点を1つずつ挙げ,その具体的内容について述べよ。

論文例

PLMは、製品のライフサイクル全体にわたる情報を管理しプロセスを効果的に統合・最適化するための手法である。以下にPLMを適用する際の各工程での留意点についてそれぞれ述べる。

構想段階

留意点: 製品の明確な定義

内容: 製品のコンセプトや要件を適切に文書化し、関係者とのコミュニケーションを効率的に行う。製品の目標や要件が明確であれば、設計段階においてベースとなる情報が整理され、本質的な課題解決を図れる。

設計段階

留意点: 標準化と設計変更管理

内容: 標準部品や標準プロセスを確立し、流用可能なデータを活用する。また、設計変更管理を効率的に行い、変更に伴う影響を即座に把握できるようにする。これらにより、設計の一貫性を確保しリソースの無駄を減少させる。

生産から保守

留意点: 製造プロセスとサプライチェーンの連携、メンテナンス情報の統合

内容: 製造プロセスを設計段階から統合し、サプライチェーン全体を可視化する。また、保守情報を製品のデータベースに統合することで、製品が市場に投入された後も製品の品質やサービスの管理が可能になる。   以上。

ダウンロード用PDF

〈音声・動画で聞きたい方は 下記youtubeチャンネルへ〉

スポンサーリンク
スポンサーリンク
技術士論文例
もののほんをフォローする
もののほん

コメント