記事内に広告が含まれています。

技術士試験 論文の書き方<選択科目編>論文は骨子が9割

この記事は約6分で読めます。
この記事はこんな悩みを解決します
  1. 技術士二次試験_筆記試験論文(選択科目)の書き方を知りたい
  2. 合格できる論文の書き方を知りたい

論文試験では最初の骨子作成で合否のほとんどが決定します。

この記事では骨子の作り方と骨子に集中するための文章のテンプレート化の方法について解説します

この記事を読むと、技術士試験の選択科目の論文について理解を深め、合格論文の書き方をより具体的にイメージできるようになります。

選択科目の基礎情報

問題数

選択科目の問題数はⅡ-1、Ⅱ-2、Ⅲの3問です。

時間

選択科目の試験時間は210分(3時間半)です。 

論文枚数

選択科目の論文は枚数は

  • Ⅱ-1:600字×1枚(=600字)です。
  • Ⅱ-2:600字×2枚(=1200字)です。
  • Ⅲ:600字×3枚(=1800字)です。

合格ライン

合格ラインは60%以上なので36点以上です。(60点満点) 

3問(Ⅱ-1、Ⅱ-2、Ⅲ)の合計点で判定されるのでそれぞれの問題で60%以上である必要はありません。

問題のパターン

コンピテンシーの確認

各問題ごとに求められているコンピテンシーを確認しましょう。

コンピテンシーの詳細はこちらの記事

Ⅱ-1

Ⅱ-1の問題のパターン例を下記の挙げます。

  • ○○について異なる原理に基づく手法を2つ挙げ、それぞれの原理と特徴を述べよ。
  • ○○の代表的な方法を2つ挙げ、それぞれ具体的な方法と~の特性に及ぼす影響を述べよ。
  • ○○の概要を述べ、~を防止するための設計上の方策について、具体的な例を挙げて説明せよ。

Ⅱ-2

Ⅱ-2の問題の設問パターンの例を下記の挙げます。

設問1 調査、検討すべき事項とその内容について説明せよ。
設問2検討を進める業務手順について、留意すべき点、工夫を要する点を含めて述べよ。
設問3業務を効率的、効果的に進めるための関係者との調整方策について述べよ。

Ⅱ-2は変則的なパターンもあるので過去問を知らべておきましょう。(機械部門/機械設計の過去問題のテーマ一覧はこちら

過去問と解答例を見れる通信講座を選ぶ方はこちら

Ⅲの問題の設問のパターンは、設問1と2は毎回は同じですが、設問3にいくつかバリエーションがあります。

設問1多面的な課題を複数抽出する
設問2最重要課題の選択と複数の解決方法の提案
設問3解決策を実行したうえで新たに生じうるリスクとそれへの対策
解決策を実行したうえで得られる効果とその波及効果と新たに生じる懸念事項への対応策

時間配分

選択科目の論文作成は必須論文の時と比べて忙しくなります。

戦略的に時間を使えるように準備しましょう。

一文字書く際にかかる時間は平均2.5秒程度といわれています。この時間を参考に時間配分の目安を下記の表で示します。

Ⅱ‐1骨子作成5分
論文作成(600字)25分
Ⅱ‐2骨子作成15分
論文作成(1200字)50分
骨子作成25分
論文作成(1800字)75分
見直し、装飾等15分
合計210分
試験が始まると3時間半があっという間に流れます。時間制限を設けた論文作成練習は必ずやっておきましょう。

Ⅱ-1の論文の書き方

Ⅱ-1の論文作成は、ホールパート法を使うことをお勧めします。

ホールパート法は、相手に伝えたい結論(Whole)を最初に提示し、それについての詳細(Part)を説明、最後にもう一度最終結論(Whole)に戻って話を締めくくるという手法です。

論文骨子の作成

Ⅱ-1の論文骨子では、次の点についてだけ抑えておきましょう。

  • キーワード…専門知識をアピールするため論文内に入れたいキーワードを事前に書き出しましょう。
  • 応用…応用力をアピールするために、工夫点や実務経験時のポイント等があれば事前に書き出しておきましょう。

論文作成

テンプレートはありません。

問題の形に合わせて(ホールパート法を参考に)シンプルに答えましょう。

Ⅱ-1については過去問(最低3年分)はすべて解答してみることをお勧めします。

論文の解答例はこちらから

Ⅱ-2の論文の書き方

Ⅱ-2の論文は令和4年以降、変則的な問題が出ています。

しかし、求められるコンピテンシーが変わったわけではありません。

責任者としてのロールプレイング論文の形をマスターしましょう。

論文骨子の作成

与えられた条件に合わせて、問題や課題を正しく認識し、必要な分析を行うことから始めましょう

論文の内容は、書き始める前の骨子の内容で90%決定します。以下に骨子作成のためのテンプレートを紹介します。

文章のテンプレ化

設問1
「調査、検討すべき事項」
骨子に従って調査項目と、検討項目を挙げましょう。
調査と検討で関係のないものをそれぞれ挙げないようにします、調査に基づいて検討するのが適切な流れです。
設問2
「手順(留意点、工夫点)」
調査・検討にによって課題が設定できます。その課題をどう実行するかを書きます。
検討したことについて、手順で示し、その中でマネジメント能力を訴求する必要があります。
要するに、手順の中でどのようなリソースの不足に留意し、不足したリソースをどんな工夫で補うかを書きましょう。
設問3
「関係者との調整方策」
リーダーシップ(利害調整関係)能力を訴求する必要があります。そのためには、コミュニケーション能力も併せて必要になるはずなのでこれらのコンピテンシーを踏まえて書きましょう。

ちなみに、調査と検討は次の意味です。

  • 調査:物事の実態や動向などを明確にするために調べること
  • 検討:よく調べ、考えること

Ⅲの論文の書き方

分量の配分

設問3つをバランスよく配置しましょう。文章量の目安は次の画像の通りです。

論文骨子の作成

論文の内容は、書き始める前の骨子の内容で90%決定します。以下に骨子作成のためのテンプレートを紹介します。

骨子の作成フローは下記を参考に検討していきましょう。
課題の設定に至るまでが重要です!!

文章のテンプレ化

骨子に集中するための文章はできるだけテンプレート化しましょう。

まずは下記を参考にして徐々に自分に合ったテンプレートを固めていきましょう。

設問1「課題」

設問2「解決策」

設問3「評価」

また、テンプレートに合わせて論文を書くことにある程度慣れたら、その後はいろいろな問題の骨子のみを作成してトレーニングしましょう。

技術士試験全体を確認する

試験の全体像を確認するにはこちらから
ポイントを理解して論文を書いたらプロから添削を受けましょう。添削付きの通信講座を探すならこちらへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
技術士試験
もののほんをフォローする
もののほん

コメント