記事内に広告が含まれています。

機械設計の仕事がきついと感じる人への分析と対処法を考える

この記事は約14分で読めます。
この記事はこんな悩みを解決します
  • 機械設計の仕事はなにが大変なのか?
  • 機械設計の仕事の大変さを改善・解決する方法をしりたい。

この記事では、機械設計者の仕事がきついといわれる原因を分析し、対処法の検討をします。

私たちのような平凡な機械設計者が前向きに豊かな仕事ができるようになるために作成した記事です。
ご一読いただければ幸いです

  1. 機械設計の仕事はきつい?やめとけと言われる理由とは?
    1. 設計後に文句やダメ出しをされる
    2. スキルが身につかない
    3. 設計の仕事をさせてもらえない(業務範囲が広い)
    4. 評価されない
    5. 残業が多い、休日出勤が多い
    6. 身につける知識や技術が多い
    7. 仕事内容が希望と異なっている
    8. 自分の設計力に自信が持てない
    9. 人間関係が悪い
    10. 給料が低い・伸びない
    11. 業界・会社に将来性がない
  2. 対処法にはどんなものがある?
    1. とにかく経験を積む
    2. 勉強する
    3. 瞑想をする
    4. 仲間を見つける
    5. 本気でタスク管理に挑戦する
    6. 自分の仕事のやりがいを見つける
    7. 資格を取得する
  3. きつい反面、やりがいが大きいのか?
    1. モノづくりの重要な役割を担える
    2. 達成感を得られる
    3. 技術力を身につけられる
    4. 平均以上の年収
  4. そもそも機械設計に向いている人/向いていない人とは
    1. 機械設計に向いている人の特徴
      1. モノづくりが好き
      2. 新しい知識や技術を習得することに前向き
      3. 創造的な仕事が好き
      4. 業務設計・納期管理が得意
      5. 社内外問わずコミュニケーションをとるのが得意
      6. コツコツ作業ができる
    2. 機械設計に向いていない人の特徴
      1. 機械設計に興味がない
      2. 必要な知識やルールが覚えられない
      3. ルーティーン系の仕事が好き
      4. 納期管理が苦手な人、締め切りに追われるのが嫌
      5. 社内外とのコミュニケーションが苦手
  5. 機械設計としてのきつさではない場合は環境を変えてみよう
    1. 社内で部署を移動する/職種を変える
    2. 転職も解決策!
    3. いろいろな働き方を検討する
  6. 最後に

機械設計の仕事はきつい?やめとけと言われる理由とは?

機械設計の仕事には多くの魅力がありますが、一方で多くの挑戦も伴います。

以下では、機械設計の分野で働くことの厳しさや挑戦について、いくつかの観点から解説していきます。

設計後に文句やダメ出しをされる

機械設計の仕事では、完成した設計に対して客観的なフィードバックを受けることが一般的です。
しかし、このフィードバックが厳しい文句やダメ出しへと変わることもしばしばあります。

このようなフィードバックを成長の機会と捉え、次のプロジェクトに生かすことで建設的な機会になれば問題ありませんが、人によってはこのような状況に耐えられない方も少なくないようです。

スキルが身につかない

一部の機械設計者は、自分が働いている環境やプロジェクトの性質上、十分なスキルや経験を積むことが難しいと感じることがあります。

これは特に、多様なプロジェクトに携わる機会が限られている場合や、技術的な挑戦が少ないルーティンワークに留まっている場合に顕著です。

成長や変化を好む方にはつらい状況です。

設計の仕事をさせてもらえない(業務範囲が広い)

機械設計者が直面する一つの問題は、実際に設計作業よりも、それに付随する管理業務や雑務に多くの時間を費やしてしまうことです。

特に業務範囲が広い環境では、設計者が本来の技術的な作業から離れてしまうことがあります。

自身の希望と異なる業務しかできないのであれば状況を変える必要があります。

評価されない

機械設計の仕事は複雑で、プロジェクトの成功が個人の貢献度で明確に評価されにくい場合があります。

これは、チームでの成果が重視される文化の中で、個々人の貢献や努力が適切に評価されないことに繋がりがちです。

組織とのすり合わせが不可能なのであれば状況を変える必要があります。

残業が多い、休日出勤が多い

プロジェクトの締切や技術的な問題に直面した場合、機械設計者はしばしば長時間労働や休日出勤を強いられます。

仕事と私生活のバランスをうまく取れないのであれば状況を変える必要があります。

身につける知識や技術が多い

機械設計は、常に最新の技術や知識に対応する必要があります。これにより、継続的な学習が求められます。

自身の興味や専門とあわないと長期的なキャリア形成が困難になります。

仕事内容が希望と異なっている

多くの機械設計者が入職時に抱いていた仕事に対する期待と、実際の業務内容が異なると感じることがあります。

これは、特にキャリアの初期段階でモチベーションの低下に繋がります。

自分の設計力に自信が持てない

技術的な挑戦や新しいプロジェクトに直面するたびに、自分のスキルや能力を疑問視する機械設計者も少なくありません。

このような不安は、自信の欠如や仕事への情熱の減退を引き起こすことがあります。

人間関係が悪い

プロジェクトチーム内の人間関係の問題は、職場の雰囲気を悪化させ、仕事のパフォーマンスにも影響を与えます。
コミュニケーションの不足や、個人間の対立は、仕事の効率を大きく下げる原因となります。

慢性的に悪い環境が続くのであれば状況を変える必要があります。

給料が低い・伸びない

機械設計の仕事に対する報酬が期待に応えられない、またはキャリアの進展に伴う給与の増加が見込めない場合、モチベーションの低下に繋がります。

業界・会社に将来性がない

業界全体の景気や会社の将来性に対する不安は、機械設計者にとって重要な懸念事項です。

将来的な成長やキャリアアップの機会が限られていると感じると、仕事への熱意を失う原因となります。

対処法にはどんなものがある?

機械設計の仕事における挑戦やプレッシャーに直面する際、多くの対処法があります。

これらの方法は、仕事の効率を向上させるだけでなく、個人のモチベーションや仕事への情熱を維持するのにも役立ちます。

とにかく経験を積む

機械設計においては、経験が重要な学習になります。

新しいプロジェクトや技術に挑戦し、失敗から学び、成功を重ねることで、自信とスキルを同時に築き上げることができます。

経験を積むことで、難易度の高い仕事にも対応できるようになります。

勉強する

技術や業界は常に進化しています。最新のトレンドや技術、ソフトウェアツールについて学び続けることで、自身のスキルセットを強化し、市場価値を高めることができます。また、学び続けることは、新しいアイデアや解決策を見つけるインスピレーションにもつながります。

機械設計に必要なスキルとは
機械設計の学習方法について

最近ではyoutube等でも楽しく学習ができます。初学者の方はつぎのチャンネルが楽しめるかと思います。

機械設計CADの学校

ものづくり太郎チャンネル

りびぃ【ものづくりのススメ チャンネル】

瞑想をする

日々の業務に追われる中で、心を落ち着かせ、ストレスを軽減するための方法として瞑想があります。
瞑想は集中力を高め、クリエイティビティを促進し、精神的な明晰さを保つのに役立ちます。

簡単に瞑想について学んでみる

仲間を見つける

同じ目標や興味を持つ仲間との交流は、機械設計の仕事において大きな支えとなります。

経験の共有、アドバイスの交換、また単純に励まし合うことで、モチベーションを保つことができます。

具体的にはxを活用しましょう。次のインフルエンサの発信を見ることから始めてみてはどうでしょうか

りびぃ

しぶちょー

CAD内さん

本気でタスク管理に挑戦する

多くの仕事を抱える中で、効率的なタスク管理は極めて重要です。
優先順位を設定し、タスクを細分化することで、圧倒されることなく一つひとつのタスクに集中して取り組むことができます。

これにより、時間管理能力を高め、業務ストレスを軽減します。

機械設計の現場はいまだに属人的な基準による業務管理が横行しています。
誰かの思い付きの判断に惑わされないように仕組みで開発品質を担保することを意識しましょう。

自分の仕事のやりがいを見つける

仕事の中で何を価値あると感じるかを見つけ出すことは、長期的なモチベーションを維持する上で重要です。

自分の仕事がチームやプロジェクト、さらには社会にどのように貢献しているのかを理解することで、満足感を得られます。

資格を取得する

特定の技術に関する資格を取得することは、自身のスキルを証明し、キャリアの可能性を広げる一つの方法です。

資格は、専門知識が認められるだけでなく、学習の過程で新たな知識や技術を身につける機会ともなります。

本サイトでは機械設計技術者技術士の資格をおすすめします。

きつい反面、やりがいが大きいのか?

機械設計の仕事は、その厳しさと同じくらい、多くのやりがいもあります。

ここでは、そのやりがいについて詳しく見ていきましょう。

モノづくりの重要な役割を担える

機械設計の仕事を通じて、あなたは直接的にモノづくりのプロセスに関与します。

あなたの設計が現実の製品に変わり、市場に出ることで、多くの人々の生活に直接的な影響を与えることができます。

自分の仕事が形となって残ることは大きな満足感を得ることができます。

達成感を得られる

機械設計は多くの場合、チームで行われます。共通の目標に向かって協力し、時には難題を乗り越えながらプロジェクトを進めていく過程で、強い連帯感や達成感を得ることができます。

プロジェクトが成功したときの喜びは、単独で仕事をするよりもはるかに大きなものです。このような経験は、仕事の厳しさを乗り越える大きなモチベーションになります。

技術力を身につけられる

機械設計の仕事では、常に最新の技術やソフトウェアを使用し、新しい知識を学ぶ必要があります。このプロセスを通じて、高度な技術力を身につけることができます。

これらのスキルは、自分自身のキャリアにおいて非常に価値のあるものであり、他の分野への転職や独立など、将来的なキャリアの選択肢を広げることができます。

平均以上の年収

機械設計の専門職は、高い専門性と技術力が求められるため、多くの場合、平均以上の年収を得ることが可能です。

特に経験を積み、高度なスキルを身につけた機械設計者は、業界内で高い需要があります。安定した収入と共に、自分の技術力が正当に評価されることは、大きなやりがいの一つです。

そもそも機械設計に向いている人/向いていない人とは

機械設計に向いている人の特徴

モノづくりが好き

そもそもの話になりますが、単純にモノづくりを楽しむことです。これは、長時間労働や困難な課題に直面したときに、モチベーションを維持する上で不可欠な要素です。

好きなだけではやってられませんが好きじゃないとそもそもやってられないのです。

新しい知識や技術を習得することに前向き

技術の進歩は日進月歩であり、機械設計の分野も例外ではありません。
新しいソフトウェアツールや設計手法が継続的に導入されるため、学習意欲が高く、新しい知識や技術を積極的に習得することに前向きな人が向いています。

創造的な仕事が好き

機械設計は、与えられた問題に対する解決策を考え出す必要があります。
創造的な思考が自然とできる人は、この分野で特に輝くことができます。

業務設計・納期管理が得意

機械設計プロジェクトは複雑であり、多くの場合、厳しい納期が設定されます。
プロジェクトの進行を適切に管理し、納期内に仕事を完成させる能力がある人は、この分野で成功しやすいです。

これには、時間管理能力と効率的な作業プロセスの設計が必要です。

社内外問わずコミュニケーションをとるのが得意

機械設計者は、社内のチームメンバーや他の部署、さらには外部のクライアントやサプライヤーとも頻繁にコミュニケーションを取る必要があります。

明確で効果的なコミュニケーションスキルを持つ人は、誤解を防ぎ、プロジェクトをスムーズに進行させることができます。

コツコツ作業ができる

最後に、機械設計の仕事には繊細で時間を要する作業が多く含まれます。
細部に注意を払い、根気強く作業を進めることができる人は、この職種に最適です。
緻密な作業を通じて品質の高い設計を提供することができます。

機械設計に向いていない人の特徴

機械設計に興味がない

機械設計に対する興味や情熱がない人は、この分野での仕事に向いていないかもしれません。
機械設計は複雑な問題解決を伴い、常に新しい技術や方法を学ぶ必要があります。興味がなければ、必要な学習や継続的な努力を維持することが難しくなります。

とはいっても実際の業務に関わってみないと興味を持てるかどうかわからないのが実際です。やってみてどうしてもだめなら他の仕事を調べてみましょう。

事前にどんな仕事かを調べるには、機械設計に特化したエージェントに相談することもいいでしょう。

必要な知識やルールが覚えられない

機械設計には、物理学、数学、工学などの幅広い知識が必要です。また、特定の業界やプロジェクトに適用される技術的な規格やルールの理解も求められます。

これらの知識やルールを学習し、覚えることができない人は、機械設計の仕事で苦労する可能性があります。

ルーティーン系の仕事が好き

機械設計の仕事は、創造性と革新性を要求されます。
同じタスクの繰り返しに満足し、変化や挑戦を好まない人は、機械設計の仕事に飽きてしまうかもしれません。
機械設計の仕事では、新しい問題に対する解決策を常に考え、試行錯誤することが求められます。

納期管理が苦手な人、締め切りに追われるのが嫌

機械設計プロジェクトは、締め切りと納期管理のもとで進行します。
時間管理が苦手で、締め切りに追われることを好まない人にとっては、このような環境はストレスの源となり得ます。

効率的な作業計画と納期遵守は、機械設計者にとって不可欠なスキルです。

社内外とのコミュニケーションが苦手

多くの仕事に共通することではありますが、プロジェクトチームのメンバーや、他部門、顧客との間で効果的なコミュニケーションを取る必要があります。

仕様の説明、進捗の報告、フィードバックの受け取りなど、明確かつ効率的なコミュニケーションが求められます。

コミュニケーションが苦手な人は、これらの要求に対応することが難しく、仕事の進行に支障を来すことがあります。

機械設計としてのきつさではない場合は環境を変えてみよう

機械設計を行っていく限り悩みがなくなることはありません。

ですが、機械設計とは関係ない悩みは環境を変えるという選択肢をもつことは悪くありません。

社内で部署を移動する/職種を変える

自分が現在置かれている環境が合わないと感じる場合、まず考えられるのは社内での部署移動や職種の変更です。

多くの企業では、従業員が自身のスキルやキャリアプランに合わせて、異なるプロジェクトや部署に挑戦することを奨励しているはずです。
部署を移動することで、新たな技術に触れたり、異なるタイプのプロジェクトに関わることができるかもしれません。

また、職種を変えることで、設計業務から少し離れてみるのも一つの方法です。
新しい視点やスキルを学びながら、機械設計の仕事に新たな価値を見出すことができるでしょう。

機械設計にもいろいろな種類があります。今の業務が向いていないと感じたらこちらの記事を参考にしてみましょう。

転職も解決策!

もし社内での変化が難しい、または根本的な解決にはならないと感じる場合は、転職も一つの大きな解決策になります。

異なる企業や業界に移ることで、仕事のアプローチや環境が大きく変わる可能性があります。
特に、自分の専門性を活かせる新しい分野や、働き方に柔軟性のある企業を選ぶことで、機械設計の仕事に対する新たな情熱を見つけることができるかもしれません。

転職活動は、自分のキャリアについて深く考え、何を本当に求めているのかを理解する良い機会にもなります。

実際にどんな需要があるか調べたい人は機械設計に特化したエージェントに相談してみましょう。
<タイミングがあるので早めの登録が大事>

いろいろな働き方を検討する

最近では、リモートワークやフリーランスとしての働き方が増えてきています。
これらの働き方は、機械設計の分野でも十分に可能性があり、自分にとって最適なバランスを見つけることができます。

リモートワークを通じて、仕事と私生活のバランスを取りやすくなるかもしれません。
また、フリーランスとして働くことで、自分の得意とする分野に特化し、より柔軟な仕事の受注が可能になります。

さまざまな働き方を検討することで、自分に合った環境で機械設計のスキルを活かす道を見つけることができるでしょう。

機械設計にはいろいろな種類や働き方(副業、フリーランス)があります。

機械設計にはいろいろな種類や働き方があります。
参考にこちらの記事をご一読ください。

最後に

機械設計は、未知の問題に挑む作業です。一つの確かな答えや完璧な解決策は存在しません。設計者は、常に新しい挑戦に立ち向かい、時間やコストなどの厳しい条件下でも働かなければなりません。この仕事は困難ですが、その分、創造したときの喜びも大きいです。
その喜びを力に変えて、質の高い機械を作り出すことが、設計者のあなたには期待されています。

自身の仕事が世界にどう貢献しているかを認識することもモチベーションにつながります。
適切な学習によってこの感覚は醸成できると私は考えています。
そのための参考記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機械設計
もののほんをフォローする
もののほん

コメント